ミスタータイヤマン住吉

愛知県半田市でタイヤ交換、車高調・アライメント調整ならタイヤマン住吉にお任せください!

失敗しないタイヤ選び

失敗しないタイヤ選び

HOME >  タイヤの事なら当店にお任せ!  > 失敗しないタイヤ選び

タイヤの基礎知識~タイヤサイズの表示について~

  • タイヤサイズを確認しよう

    タイヤサイズはタイヤの側面(サイドウォール)に表示されています。タイヤの側面には、
    メーカー名や商品(ブランド)名のほかにも、様々な表示がありますが、
    タイヤサイズは「205/65R15 94H」や、「235/45ZR17」のように表示されています。
    タイヤをお選びいただく際には、愛車に装着されているタイヤのサイズをご確認ください。

  • タイヤの寸法とタイヤサイズ表示の見方

    タイヤサイズ表示の仕方は、下記の通りです。
    タイヤの寸法は、サイズ表示ごとにタイヤの製品規格によって定められている範囲の
    寸法になります。

タイヤの寸法
  • 断面幅について

    断面幅とはタイヤの総幅から、タイヤの側面の模様・文字等を除いた幅です。

  • 偏平率(シリーズ)について
    偏平率

    偏平率とは、タイヤの幅(W)に対する高さ(H)の比率を表す数値です。また偏平率が同じタイヤの総称を「シリーズ」と言います。(例:65シリーズ)

    ※80表示について
    82シリーズ商品の中で、タイヤのサイズ表示が80の表示となる場合があります。
    (例:145SR12→145/80R12 74S)

  • ロードインデックス(LI)について

    L I は、既定の条件下で、タイヤに負荷することが許される最大の質量を表す指数です。ロードインデックスの最大負荷能力は下表のとおりです。

    ロードインデックス
  • 速度記号について

    タイヤがロードインデックスにより示された質量を既定の条件で負荷された状態において走行可能な最高速度を記号によって表したものです。

    速度記号
  • リム幅別タイヤ幅について

    タイヤ幅はリム幅によって変化します。標準リム幅よりリム幅が0.5インチ広がると、偏平率50シリーズ以上では約5mm、45シリーズ以下では約6mm広くなります。

エクストラロード(XL)/レインフォースド(RFD)規格品装着時の注意点

  • スタンダード規格品との違いは?

    エクストラロード(XL)/レインフォースド(RFD)規格のタイヤは、タイヤ内部の構造を強くすることにより、スタンダード(STD)規格品と同サイズでも高い負荷能力を発揮できます。
    ★力強さの源は、内部の構造が強いから。だから、たっぷり空気を入れることが出来るのです。

  • XL/RFD規格を装着するのはどんな時?

    輸入車やインチアップした際など、XL/RFD規格のタイヤを装着する場合があります。
    ★タイヤがクルマの重量を支える能力は、空気圧によって変化します。

XL/RFD規格の高い負荷能力を発揮するためには、空気圧の調整が非常に重要です。
必要な空気圧を確認し、新車装着時の負荷能力を下回らないようご注意ください。
PAGE TOP